2013年05月17日

かわいい穂をつけた小判草

朝、ベランダに出てみると、生け垣の隅に、小さな穂をつけた植物を見つけました。
とりあえず、写真を撮りネットで調べてみたところ、
どうやら「小判草」という植物らしいのです。

別名「タワラムギ」学名「Briza maxima」
類別 イネ科、コバンソウ属
原産国 地中海沿岸域

明治時代に観賞用として渡来したそうです。

今では観賞用に栽培もされていますが、多く野生化しているそうです。

果実が実ってくると、果実である穂が黄色を帯びてきて、黄金色に輝く様が
小判に似ている事から付いた名前のようです。

かわいらしいですね。

kobansou.jpg
posted by coneri at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物