2014年12月09日

イタっ!! イタイ、イタイ!! の連呼

先週土曜日に午後2時頃、友人と出かけようと思い靴下を履いた瞬間!
「イタっ!!」「イタイ、イタイ!!」の連呼
突然何が起こったか分からず、靴下を脱いだ中から
3、4センチはする巨大な蜂が…。
これって、スズメバチ?
足の薬指が刺された。どうしよう、とにかく毒を出さなければと
友人が必死に指を押し毒を出そうとしたが
押された本人は痛くて七転八倒。
少し汁らしきものが出たところで病院に行かなくてはとなったが
土曜日でどこの病院も繋がらなかったり、ドクターがいないとか?
救急病院に電話しても出なかったり。
ようやく近所の緊急診療ができる病院が見つかり
担当ではないが診てくれるというのでチャリで急遽病院へ。
看護婦も興味津々で2、3人集まってきた。
ドクターがあまりにも若い女性で大丈夫なのか?
一応、血圧、体温、血中酸素を計られ、
所見では腫れも少なく傷みもそれほどでもないということで
湿布だけで終わった。一応アナフィラキーショックに注意してくださいと言われた。
腫れがひどくなったり、腹痛がしたらすぐに病院に来るようにと念を押されたが、
普通毒を出すとか(実際はもうすでにやってみていたが)注射を打つとか
すると思っていたので本当に大丈夫なのか心配ではあったが
家に帰ってきた。
傷みも時々は針を刺した様な激痛が走るが少し治まってきたので
大事には至らなかったのだろうか。
結局何日もタンスの靴下の中で蜂が生きていたという事で
少しは弱くなっていたのかなあ…。
蜂が刺したというより自分で蜂の針に足を入れたという事だけど。
洗濯物を取り込んだ後は気を付けた方がいいね。
よく聞く話だけどまさか自分の身に降り掛かるとは…。
bee.jpg
ビニールの袋に入れてあるので分かりにくいがこの蜂はなんだろう?
posted by coneri at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記